首吊りでの自殺方法

sponsored link

IMG_2938
・首吊り自殺について  

準備    ★★☆☆☆
苦痛    ★☆☆☆☆
確実性   ★★★★★
迷惑    ★☆☆☆☆
見苦しさ  ★★★☆☆
影響力   ★★☆☆☆

 

自殺大国の日本では王道とも言える手法の首吊り自殺。
数ある自殺方法の中でも群を抜いて人気です。
手段別の統計

日本で死刑を執行する際も、首吊りを採用していますのでおすすめと言えばおすすめ。

準備するものや場所は?

縄1本あればOK。
準備するものの手軽さも首吊りを選ぶ人が多い理由ですね。
縄、ロープ以外でもベルト、コードなど丈夫な紐状のものであればなんでもいいんです。
ビニール紐でさえも100kgまで支えれるからできないわけではありません。
首が切断されてもいいのならピアノ線や針金なんかも使えるみたいですよ。

首吊り自殺で準備するものは簡単に用意できますね。
では場所となるとどうでしょうか?
「どこでもいいよ」と思う人もいるかもしれませんが、なるべく早く見つけてもらえる場所が良いですよね。
もし死体が腐敗なんてしてしまったら、見た目もかなりグロテスクですし…ってそんなこと気にしませんか?

あ、「ロープをかけるところが見つからない」と思う人もいるかもしれませんね。
一般的に首吊り自殺(縊死)ってどういう認識なのかはわかりませんけど、別に自分より身長の高いところを探す必要もありません。
引っ掛けるところさえあれば座っててもOK。
要するに座っていようが体重をかければ首吊りができるわけです。

首吊りには2種類ある

首を絞めた場合と吊った場合、若干死に方に違いが生じるんです。
・首を絞めた場合
気道がふさがれての窒息死が多い。

・首を吊った場合
頸動脈と脊椎動脈の血液が遮断され、脳内が酸欠状態になる場合が多い。

この理由は、喉の椎骨動脈が頸動脈と違い、骨に守られているからです。
ちなみに座ってできるのは前者になります。
その場合には、なるべく首(頭部)側に体重を預け、
首とロープの角度も重要になります。

首吊りでの苦痛は?

まずは首を吊った場合、どんな苦痛があるのでしょうか。

まず頭が熱くなり、耳鳴りがする。
目に光を感じる。
次第に足が重くなり意識が遠のくんだそうだ。
この間、約1分程度。

この後に痙攣やら仮死状態になり
いろいろ出たりするわけなんですが、ここまでが3分~3分半。
最初の1分を含め、苦痛は全くないとされている。

この理由は頸動脈と脊椎動脈が遮断され、脳への血液循環が機能しないからだ。
医学界では常識だそうですよ。

首を吊る際に勢いをつけると首関節が脱臼し、一瞬にして心停止、呼吸停止するみたいです。

次は首を絞めた場合。
この手法は割と快感を覚えるという話を聞く。
気持ちよくて何回も遊んでたら死んでしまったんじゃないの?という話もなんか聞いたことがありますよね。

これに関しては、「いやいや苦痛も伴うよ」という意見があったりするのでよくわからない。
それに関しては、上で説明した『吊った場合』に起こる3分程度の現象を、有意識の中で体感しなくてはならないのが理由とのこと。

ちなみに仮死状態になってから10数分が経過すると、まず助かりません。
恥ずかしがり屋さん以外は見つかりにくい場所を探す必要はないです。

死体の状態は?

この自殺方法でよく言われているのは死体の見た目が良くないこと。
失禁、脱糞、射精に舌も飛び出し涎が流れ、経過日数によっては目玉も飛び出ている場合もあります。

これらをなるべく防ぎたいなら、見つけてもらいやすい場所で行い、事前に用を足し、男性なら射精も済ましておけばいい。
えーと、口は…マスクでもしておけばだいたいOKでしょう。

あ、あと首を絞めた場合には顔が鬱血します。
ただし首吊り自殺にしろ、
自らの意志で命を粗末にはしないでほしい。

どういった死に方をしようがそこに優劣はありませんが
生まれた以上、生きていくしかない。
生きたいと思える方法を探そう。

自殺のコスト

自殺名所 スポット

sponsored link

このページの先頭へ