自殺したい死にたいときの対処法

sponsored link

なにか嫌なことがあって、またはそれが積もり積もって
自殺したい、死にたいと思ってしまったときにどう対処すればいいのか?

「どうぞ死んでください」なんて言うつもりはありません。
その情動に対してどういう対処法を取ればいいのか
ということをお伝えできればと思います。

まず情動と書いたのは自殺したい、死にたいという気持ちが
常習化していようが、いざ決行する寸前のときは瞬間的に感情が高ぶったときだからです。

行動を起こしやすいのは脳が覚醒状態にあるときですから。
嫌なことがあって悩んで死という出口(答え)を見つけた感じですね。

ですが、感情的になったときの判断というのはだいたいが誤りです。
焦燥感が高ぶった時も割と間違いを起こしやすいですし
怒った時、悲しい時に誰かにひどいことを言ってしまうのも
嬉しい時、楽しい時に周りが見えなくなるのも、脳が冷静ではないからです。

衝動買いの経験がある人は買った後に冷静になって考えると
「そんなにいらなかったかもな・・・」
と思ってしまうのもそういうことです。
気付いていてもそれが直せない人は、自分で正当化しているんだと思います。
「いや、いつか使うからいいんだ」
というように後悔したくないですし、それを得るための
金銭やら時間、労力など失ったものが多いほど、その傾向にあります。

つまり感情が高ぶり、それに気付いたとしても人は正当化するというわけです。
正当化できると言った方がいいかもしれません。

自殺したい、死にたいというのも同様で
そういった衝動に駆り立てられたときに
「こうするしかないんだ」と、それを正当化するんです。

最も簡単な対処法としてはプラスに転じること、冷静になること。

プラスに転じるとは楽しくなることをするということです。
そしてプラスじゃなくても、死んだら失うもの、できなくなることを考えてください。
死ぬときは思考が短絡的で、目先のことで頭がいっぱいです。
もっと先のことを考えてみてください。
例えば3年後、今と全く同じ状況なんてことはあり得ません。
良くなっていると考えた方がいいです。
そして良くすることができるのは自分なんですよ。

どうしてもだめなときは「楽しいーーー!!!」って大きな声で叫んでみてください。
楽しくなくても笑えますよ。叫んでる自分に。
(これは冗談ではなく、大声を出すことにも意味があります)
でも近所の人に聞かれて死にたくなるかもしれないので、やめておいた方がいいですね。



冷静さを失うときとは?

恐らくですが、自殺衝動が出るときというのは
事が起こった後、そして一人のときだと思います。
(駅のホームだとしても、周囲に人はいるけれど見知らぬ他人ばかりです)

これは十分に悩めてしまう状態です。
ですが、悩んでいることって脳内の話ですよね。
もしかしたら悩んでいる間に、知らないところでそれは解決されているかもしれない。
まぁかなりの低確率ですけど(笑)

ただ、どうしようもないことで悩み続けて、問題が解決したことってありますか?
だいたい長期的に悩むことなんて答えなんか出てるんですよ。
そして気持ちの問題か、それをするかしないかであれこれ考えているんです。

もしくは答えのないことを「どうしようどうしよう・・・」
って考えて考えて悩むから冷静じゃなくなるんです。
世の中どうにもならないことだってありますよ。
それならそこは妥協するなりなんなりして、
そこから巻き返せる行動を取る方が良くないですか?

自分を客観的に見れると冷静になれます。
そしてどうすればいいのかもその問題の外から判断できます。
どうしても冷静になれない時の対処法は、目を閉じてゆっくり深呼吸です。
(深呼吸をするだけでセロトニンが分泌され、リラックスできます)

sponsored link

このページの先頭へ