『癌』と診断されると自殺する人が多いらしい

sponsored link

『癌』と診断されると自殺する人が多いという。
ここにも精神的な弱さというか絶望して自殺する典型的な統計だろうか。

もちろん自殺だけではなく事故も多いらしいのですが
自暴自棄に近い心理状態が招いている結果と言えるでしょう。

がんと診断されて1年以内の患者が自殺や事故で死亡する危険性は、
がん患者以外と比べて約20倍になるとの研究結果を
国立がん研究センターなどのチームがまとめた。
診断が原因の心理的ストレスのほか、
病気や治療による生活の変化、
体力や注意力の低下などが影響していると考えられるという。

研究に参加した国立精神・神経医療研究センターの山内貴史研究員は
「自殺や事故死は防げる死と考え、
危険性の高い時期は患者の支援を充実させることが必要だ」
と話している。

チームは、1990年代に全国9府県に住んでいた40~69歳の
約10万3000人を平成22年まで追跡調査し、解析した。
期間中に約1万1000人ががんと診断され、
1年以内に13人が自殺、16人が事故で死亡した。

診断から1年以内の人は、がんではない人に比べ、
自殺の危険性が23.9倍になった。
また、交通事故や高い所からの落下、溺れたなど、
自殺かどうかは分からない事故での死亡が18.8倍になった。
一方、診断から1年以上たった人の場合は、がんでない人と差がなかった。

また、がんが見つかった時点での進行度別で分析してみても、
自殺や事故死の危険性に違いはなかったという。
(引用元:http://sankei.jp.msn.com/life/news/140527/bdy14052710370003-n1.htm)


今後の人生を考えた場合に希望なんてないと思うかもしれませんし
正常な精神状態ではないですから
突発的に自殺したい衝動に駆られるかもしれませんし
意図せずとも事故死してしまう可能性もあるということだろう。


他人ごとになってしまいますが
どうせならあがいてみたいもんですけどね。

私が何と言おうと『癌』と告げられたときのショックは
当事者でないとリアルには体現できないでしょうけど。

諸説ありますが『癌』と診断されて、余命を宣告された場合に
診断結果は変わらないのだからと開き直って
残りの人生を享受しようとしたケースでは
宣告された余命以上に生きたり、癌細胞自体がなくなったというケースも少なくない。

結局は解明されていないながらも
精神面での作用が大きいということなのかもしれませんね。

『悩み相談BBS』

sponsored link

このページの先頭へ