焼身自殺による自殺方法

sponsored link

IMG_2937
・焼身での自殺方法について
 

準備    ★★★☆☆
苦痛    ★★★★★
確実性   ★★★★★
迷惑    ★★☆☆☆
見苦しさ  ★★★★☆
影響力   ★★★★★

 


焼身自殺をする人ってのは普通じゃないですね。
この世を呪ってやるとかなにか強烈に訴えたいことがある場合に選ばれるのが多い。

準備するものや場所は?

ガソリンか灯油を使うことになるのですが最低5ℓは用意した方がいいそうだ。
衣類にしっかりとしみ込ませないといけない。
火災の心配がある場合は下に耐熱マットを敷けば屋内でも大丈夫なのだ。
しかし立っている状態だと火柱が2~3mも上がるとも言われているので
横になる必要がある。
準備などがめんどくさいときは焼却炉に入って
灯油をかぶってもいいでしょう。

焼身自殺での苦痛は?

焼身自殺での苦痛は凄まじいものです。
死ぬまでの過程で燃えているときはもちろん
即死できなかった場合は病院に運ばれ、半日ほどもがき苦しみ
ようやく死ねるということも多いのだ。
死にきれなかった場合の後遺症も他とは比較にならない。
顔や全身の火傷跡やケロイドなども見るに堪えない。
皮膚移植などによる治療費もかなりかかるでしょう。

皮膚の1/3以上の壊死で死亡率は50%
2/3以上の壊死で死亡率はほぼ100%である。
また死因は他にもショック死、酸欠、重要な臓器の熱凝固などだそうだ。

火だるまになってあまりの苦痛にのた打ち回る印象が強い焼身自殺。
個人差もあるが意外にも意識はかなりはっきりしているらしい。

死体の状態は?

死体の見た目はもう目も当てられないだろう。
身体は炭化し、頭髪も焼失。
皮膚がはじけて赤い肉が覗いていることもあるという。
目の角膜は白く濁り、唇がなくなり舌は突き出ていることもあるのだ。

当たり前だが臭いもすごいだろう。

ただし焼身自殺にしろ、
自らの意志で命を粗末にはしないでほしい。

どういった死に方をしようがそこに優劣はありませんが
生まれた以上、生きていくしかない。
生きたいと思える方法を探そう。

自殺のコスト

自殺名所 スポット

『悩み相談BBS』

sponsored link

このページの先頭へ