飛び込みでの自殺方法

sponsored link

IMG_2934
・飛び込みでの自殺方法について
 

準備    ★☆☆☆☆
苦痛    ★★★☆☆
確実性   ★★★★★
迷惑    ★★★★★
見苦しさ  ★★★★★
影響力   ★★★★☆

 


飛び込み自殺は準備などがいらない分、周囲にかかる迷惑は半端じゃない。
それでも飛び込み自殺をする人がいるのは衝動的にできてしまうことでしょう。
路上でトラックに飛び込む自殺はかなり稀なのでここでは鉄道での飛び込み自殺で進めます。

準備するものや場所は?

準備するものはなにもいらない。
ただ確実に死ねるときに飛び込むべきである。
ホームからだと特急や急行が通過するときがいい。
それでも停車駅を選ぶなら減速しきれていない電車が入ってくる側ぎりぎりからがいいですね。

駅から離れた線路上での自殺をする場合は夜を狙う方が良いだろう。
あとは運転手に見つかりにくいカーブ地点。

飛び込みでの苦痛は?

胸や頭が轢断された場合は痛みを感じる間もなく即死だろう。
ただ即死するだけと思われるかもしれないが
片手、両足が切断されても生き残った例もある。
また上半身だけになって数十分間意識がある例もあるが
意外と冷静なのを見ると痛みは感じてないと思える。
腰から下で臓器が残っていれば上半身だけでも生きれるそうですが…

あと賠償金などで遺族が精神的苦痛を味わうだろう。

死体の状態は?

外見上の損傷が少なく、内臓が破壊されるということもあるのだが
ほとんどの場合は悲惨な死体であるという認識をしておいた方が良いだろう。
体が轢断され血や内臓をまき散らすのはもちろん、
頭部や挽き肉のような肉片が飛び散り、ホームの場合だとそれが大衆に晒されることになる。

ただし飛び込み自殺にしろ、
自らの意志で命を粗末にはしないでほしい。

どういった死に方をしようがそこに優劣はありませんが
生まれた以上、生きていくしかない。
生きたいと思える方法を探そう。

自殺のコスト

自殺名所 スポット

sponsored link

このページの先頭へ