感電での自殺方法

sponsored link

IMG_2940
・感電での自殺方法について
 

準備    ★★★★☆
苦痛    ★★★☆☆
確実性   ★☆☆☆☆
迷惑    ★☆☆☆☆
見苦しさ  ★☆☆☆☆
影響力   ★☆☆☆☆

 

感電での自殺方法。
自殺を考えたときに感電って選択肢にあまりあがりませんよね。
そのくらいこの方法は選ばれません。

準備するものや場所は?

準備するものは自宅にあるもので十分。
電気コードには中に2つの線があるのでコードを切断し
銅線をむき出しにすればOKだ。
その銅線をそれぞれ胸と背中に当ててコンセントを差せば完了である。

これのネックな点は未遂に終わってしまう可能性が大きいことでしょう。
出来ることと言えば銅線と体の接触部分に
食塩水を染み込ませたガーゼなどを当てるくらいだろう。
あとは変圧器を使い電圧を高くできれば致死率もあがる。
確実に心臓を通るようにすることも必要になってくる。

もっと簡単に済ませる場合は変電所に忍び込み高圧電流部に触るというのも手段の一つです。

感電自殺での苦痛は?

瞬間的な呼吸停止、心停止、ショックというのが死因なのですが
苦痛はまさにほんの一瞬であるため、感電死は楽な死に方の一つという医者もいる。

普通の状態なら全身が仰け反るような痛みと言われているが
睡眠薬やアルコールなどで意識が朦朧としている間に行うとほぼ無自覚で一瞬の出来事なのだ。

意識がない状態で体が痙攣している状態だろう。
電気コードなのでタイマーを使うこともできる。

死体の状態は?

これは銅線が当てた部分に火傷跡が残る程度で損傷はほぼなしと言える。
むしろ皮膚の電気抵抗が小さいときは火傷跡すら残っていない場合もあるんだとか。
非常に綺麗な死体と言ってもいい。

ただこれは発見されたときに死体に触った場合、その人にも感電する危険性もあるので
忠告の貼り紙でもしておいた方が良いだろう。

ただし感電自殺にしろ、
自らの意志で命を粗末にはしないでほしい。

どういった死に方をしようがそこに優劣はありませんが
生まれた以上、生きていくしかない。
生きたいと思える方法を探そう。

自殺のコスト

自殺名所 スポット

sponsored link

このページの先頭へ